2015年04月03日

メディア掲載

平成21年10月「医薬品の適正使用に向けた薬剤師の役割 薬薬連携の実際情報共有化の実践・実践例・尾道」 ラジオ日経放送
平成22年1月「癌領域の薬薬連携を構築 JA尾道総合病院・尾道薬剤師会」 薬事日報掲載
 12月
「尾道薬剤師会癌外来科学療法中の患者をフォロー。副作用情報は専用シートで患者と共有」 日経DI掲載
平成23年5月薬薬連携の現場レポート「JA尾道総合病院と尾道薬剤師会の取り組み」 株式会社アステム「ポチ」に掲載
 6月「化学療法連携シートで患者情報を共有 尾道薬剤師会」 ファーマシストプラス掲載
平成24年9月
調剤と情報 臨時増刊号に「在宅医療における多職種連携」 じほう社掲載
  「あなたの街の薬薬連携 尾道薬剤師会とJA尾道総合病院」 ファーマトリビューン掲載
平成25年3月「退院時ケアカンファレンスから広がる地域連携」 ファーマシストプラス掲載
 7月「検査値や画像情報・薬局で閲覧可能に『天かける』医療・介護連携システム」 薬事日報掲載
   

posted by ono-yaku at 15:10| メディア掲載

2015年03月06日

おのみち健康まつりに参加して

H26 健康まつりNO1 (1280x960).jpgH26 健康まつりNO2 (1280x960).jpgH26 健康まつりNO3 (1280x960).jpgH26 健康まつりNO4 (1280x960).jpg
尾道薬剤師会 奥濱 玉穂
11月9日(日)おのみち市民健康まつりが開催されました。生憎3年連続の小雨の中、大勢の市民の方にご来場していただきました。
薬剤師会のブースでは、 ・薬草の展示と解説 ・禁煙の指導 ・肺年齢のチェック ・内臓脂肪測定 ・セルフメディケーションに関するアンケート ・薬膳茶の試飲と、いろいろ取り揃えて展示しました。
一部紹介致しますと、セルフメディケーションに関するアンケートの結果から、まだまだセルフメディケーションという言葉は一般には浸透していないということが解りました。担当者の方々はセルフメディケーションの普及に奮闘されたそうです。
薬膳茶のコーナーでは、先ずチェックシートを使って体質を血虚、陰虚、気虚、瘀血、気鬱、痰湿の6つのタイプに分けて、それぞれの体質におすすめの薬膳茶の紹介と試飲をしていただきました。試飲していただいた方からはご好評をいただいて、リラックスした雰囲気もあるのか、健康相談から身の上話までいろいろなお話をしていただきました。
私にとっても薬局以外の場所で健康に関する活動が出来たことはとても良い経験になりました。また、前日の準備、当日の係を手伝っていただいた会員の先生方、薬草を提供してくださった方々、ご協力ありがとうございました。


posted by ono-yaku at 14:31| 健康まつり

2015年02月03日

天かける講習会

015 (1280x960).jpg016 (1280x960).jpgamakakeru (990x744).jpg
主催者:尾道市薬剤師会
開催日:9月29日
開催場所:尾道医師会館

尾道地域医療介護連携事業、通称「天かける」のシステム説明会を行いました。
40名あまりの薬局や病院勤務の薬剤師が集まり、このシステムをどう活用していくか研修を行いました。
せっかくの優れたシステムを、病薬連携や薬薬連携にもっと使っていこうと、参加者と再認識した説明会でした。


posted by ono-yaku at 14:40| その他の活動報告

2014年12月15日

平成26年度 尾道三師会合同理事会

2014年12月14日三師会 (1280x960).jpg
主催者: (一社)尾道薬剤師会
開催日:  2014年12月14日(金)
開催場所: 尾道国際ホテル
尾道三師会の恒例の年末合同理事会が開催されました。医師会から15名、歯科医師会から8名、尾道薬剤師会から13名が参加し、まず、各三師会会長の挨拶の後、協議事項に移り、医師会より「あまかけるについて」最新情報を共有し、今後の各分野の活用により患者さんへの恩恵が大きい事を学びました。次に、薬剤師会より「尾道市夜間救急診療への参加現状」を発表し、薬剤師会・会員が大きく貢献していることをアピールいたしました。その後、懇親会に移り、三師会が和気藹々と情報交換を行い、今後の尾道の医療貢献に向けて友情を深める場となりました。

posted by ono-yaku at 12:22| その他の活動報告

2014年11月27日

尾道市医師会在宅医療推進拠点整備事業カンファレンス研修会

IMG_9180 (1280x853).jpgIMG_9189 (1280x853).jpg
主催者:尾道市医師会
開催日:11月16日
開催場所:JA尾道総合病院
12グループ(1グループ12名程)にそれぞれ、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士、OT、PT等が集まり、症例ケアカンファレンスを2症例検討し発表しました。
症例検討の前に公立みつぎ総合病院名誉院長の山口先生より「医療介護連携における地域包括ケア」の基調講演を頂きました。150名に及ぶ参加者となり熱気のある場でした。
posted by ono-yaku at 14:19| 学術研修会